SanDisk

メニュー

iPhoneデータバックアップ完全ガイド

  • Facebook
  • ツイート
  • Facebook
  • ツイート

iPhoneの中のそのデータ、ちゃんとバックアップしていますか?

これ一台に、連絡先などの各種個人情報から、写真や動画、音楽などといったマルチメディアデータまで、あらゆるデータが記録されているiPhone。

ここではそのバックアップの取り方をわかりやすく解説しよう。

いざという時のためにバックアップは怠るなかれ!

失ったら取り返しがつかないはずなのに、iPhone内の個人情報&マルチメディアデータを定期的にバックアップしている人は多くない。これを怠ると、いざiPhoneが破損したり、紛失してしまったときに、データを元に戻すことができないのだが、ほとんどの人がついその手間を惜しんでしまうのだ。

データのバックアップ方法はいくつかある。PCを持っているのならUSBケーブル経由でiTunesにバックアップする方法がある。PCがないという場合はiCloudにオンラインバックアップすることも可能だ。ほか、USBメモリーなどでもPCなしでのバックアップができる。

USBメモリーには、必要なデータだけを選択して保存・確認したり、PCや他のスマホにデータをコピーしたりといった使い方も。OSアップデート時に、一時的にデータを外部に退避させて必要な空き容量を作るなんてことも可能だ。

PCにきちんとフルバックアップを取りつつ、こうした周辺機器をあわせて活用していくのが最新のデータ管理スタイルと言えるだろう。「転ばぬ先の杖」と思って備えてほしい。

方法① iTunesを使ってPCにバックアップする

バックアップの基本中の基本がiTunesをインストールしたPCへのフルバックアップ。iPhoneとPCをUSBケーブルで繋ぐだけで定期的に“全データ”を自動保存してくれる。最低限、これだけでも定期的にやっておこう。

全てを丸ごとバックアップする基本中の基本

iPhoneをPCに接続すると、iTunesが自動起動しバックアップ開始。初回は時間がかかるが2回目以降は数分程度で終わる。

iPhoneをPCに接続すると、iTunesが自動起動しバックアップ開始。初回は時間がかかるが2回目以降は数分程度で終わる。

保管したバックアップデータは任意にiPhoneへの書き戻しが可能。丸ごと当時の状態に復元できる。

保管したバックアップデータは任意にiPhoneへの書き戻しが可能。丸ごと当時の状態に復元できる。

方法② iCloudでオンラインにバックアップする

連絡先や写真・動画などのデータをクラウドにオンラインバックアップ。変更や追加があると自動的にバックアップされるのでユーザーは特に操作を行なう必要がない。

連絡先や写真・動画などのデータをクラウドにオンラインバックアップ。変更や追加があると自動的にバックアップされるのでユーザーは特に操作を行なう必要がない。

アップル純正クラウドサービス「iCloud」へのバックアップも便利だ。ただし大量のデータの保存には有料プランへの加入が必要(5GBまで無料だが、それ以上は有料。50GBまで130円/月~)。また、Wi-Fi環境も必要となる。

意識せずに自動的にバックアップ

方法③ Wi-Fiストレージにバックアップする

Wi-Fiで接続した外部ストレージにデータを保存する「Wi-Fiストレージ」は、ケーブル接続不要で使えるのが便利。なお、SDカードをストレージに使うタイプの製品では、別途大容量SDカードの購入が必要になる。

ワイヤレスでバックアップしたい人に

Wi-Fiでデータをコピーすると聞くと速度が心配になるが、最新モデルでは100MB越えのデータでも1分程度で完了する。必要なデータだけを選んで保存するという使い方なら充分だ。

Wi-Fiでデータをコピーすると聞くと速度が心配になるが、最新モデルでは100MB越えのデータでも1分程度で完了する。必要なデータだけを選んで保存するという使い方なら充分だ。

方法④ 編集部オススメ!iXpand(アイ・エクスパンド)にバックアップする

iXpandは、iPhone専用に開発された小型USBメモリー。Lightning端子に直結するから高速で、PC用USBメモリーのように、挿すだけで専用アプリが立ち上がり誰でもすぐに使える簡単さが魅力だ。最大128GBまで保存できるなど容量的にも充分だ。

iPhoneに特化して開発されており、専用アプリを使って連絡先データと、写真・動画データを保存できる。

必要なデータを効率的に残したい人に

サンディスク iXpand(アイ・エクスパンド)<br />
価格:オープン

サンディスク iXpand(アイ・エクスパンド)
価格:オープン

Lightning端子は使わない時は本体外部のくぼみにはめ込むように収納可能。ポケットに入れておいても邪魔にならない。

Lightning端子は使わない時は本体外部のくぼみにはめ込むように収納可能。ポケットに入れておいても邪魔にならない。

Lightning端子のほか、USB端子も用意。保存したデータをPCなどで参照する際も、変換ケーブル不要で直結できる。

Lightning端子のほか、USB端子も用意。保存したデータをPCなどで参照する際も、変換ケーブル不要で直結できる。

 iXpandはココが便利!
Lightning端子のほか、USB端子も用意。保存したデータをPCなどで参照する際も、変換ケーブル不要で直結できる。

写真や動画データを丸ごとバックアップ

iPhone内の写真・動画データを、iXpandを接続するたびに自動バックアップできるほか、任意のデータだけを選択して保存することもできる。

連絡先データの保存・復元もOK!

大切な連絡先データもバックアップ可能。任意 or 丸ごとデータを保管できる。もちろん保管したデータを新しいiPhoneに書き戻す事も可能だ。

Lightning端子のほか、USB端子も用意。保存したデータをPCなどで参照する際も、変換ケーブル不要で直結できる。

しかもバッテリー内蔵

『iXpand』はバッテリー内蔵なので、接続時にiPhoneの電池を無駄に消耗しない。外出先でも安心して使える。

 

iXpand を選ぶ5つの理由

1iPhoneとダイレクト接続だからPC・Wi-Fi不要&超高速!!

iXpandは、Lightning端子を使ってiPhoneにダイレクトに接続できるのがポイント。PCを持っていない人でも手軽にバックアップを取れる上、Wi-Fiで無線接続するWi-Fiストレージなどと比べて圧倒的に高速(右グラフ参照)で安定しているのがうれしい。

Lightningケーブル内蔵なので、Wi-Fi接続する手間なし。ケーブルを引き出す、挿す、の2ステップで完了。

約30秒の動画データ(約120MB)を各バックアップメディア(サービス)に保存するのにかかった時間を測定。無線接続の下2方式は速度が遅いだけでなく、環境・時間帯によってはつながりにくいことも。

約30秒の動画データ(約120MB)を各バックアップメディア(サービス)に保存するのにかかった時間を測定。無線接続の下2方式は速度が遅いだけでなく、環境・時間帯によってはつながりにくいことも。

2専用アプリを使うので快適・簡単操作!

データのバックアップにはiXpand専用アプリ「iXpand sync」を使用(初めてiXpandをiPhoneに挿した時にインストールを促される)。

直観的なインターフェースなので、誰でも簡単にバックアップを取れる。

ホーム画面下部の「+」ボタンを押すと、任意の写真・動画データを選択してバックアップ。見られたくないデータをパスワードで保護する機能も有する。

ホーム画面下部の「+」ボタンを押すと、任意の写真・動画データを選択してバックアップ。見られたくないデータをパスワードで保護する機能も有する。

3PCに簡単接続できるUSB端子付き!

端子は2つあるが、もちろんアクセスできるデータは一緒。PCからiPhoneにデータを渡したりといった使い方もできる。

端子は2つあるが、もちろんアクセスできるデータは一緒。PCからiPhoneにデータを渡したりといった使い方もできる。

Lightning端子とは別に、一般的なUSB端子も搭載。
PCのUSBポートに挿入することで、一般的なUSBストレージ感覚でも利用できる。
PCとiPhone間でデータをやり取りしたいときなどにも便利だ。

4iOS非対応データの再生にも専用アプリ側で対応!

iXpand側に保存したデータは、専用アプリ内で再生・確認可能だ。

ちなみに専用アプリはiOSが標準でサポートしていない形式のデータの再生にも対応。

PCから持ち込んだ特殊な形式の動画なども視聴できる。

「iXpand Sync」は動画データのほか、音楽データの再生も可能。ちょっとしたマルチメディアプレイヤーとしても活躍してくれる。

「iXpand Sync」は動画データのほか、音楽データの再生も可能。ちょっとしたマルチメディアプレイヤーとしても活躍してくれる。

5大容量外部ストレージとして手軽に持ち歩ける!

PCでのデータ管理は手元にPCがないとできないし、クラウドでは高速なデータ通信環境がないと使えない弱点などがある。その点、iXpandなら、手元のデータをいつでも取り出し利用できる。

「iXpand Sync」は動画データのほか、音楽データの再生も可能。ちょっとしたマルチメディアプレイヤーとしても活躍してくれる。

どのサイズを選ぶべき?

『iXpand』は128 GBまでの容量を用意。4K動画を撮るなら、またはフルHDで長時間録画するなら、64GB以上が必須だ。PCとのデータ交換用途にも使いたいのなら、予算の許す限り大きなものを選ぶようにしたい。

「デジモノステーション11月号」より転載

トップページへ戻る