SanDisk

メニュー
「ミライのキオク」安珠 vol.4 しあわせのお手伝い

「ミライのキオク」安珠 vol.4 しあわせのお手伝い

  • Facebook
  • ツイート
  • Facebook
  • ツイート

私はウエディングドレスを何回着たことでしょう。数え切れません。と言っても、モデルの頃のお話です。笑
パリコレのランウェイでもヴォーグの撮影でもウエディングドレスを何十着も身にまといましたが、一番はじめに着たのは、京都のブライダルショー。そのときのショーを開催したタカミブライダルさんとは、十代のモデル時代からの尊いご縁。今回新作のブライダル衣装を撮影をさせて頂きました。

ウエディングというと純白の世界。その無垢な色は誠に写真にしにくい。周りの色の影響を受けやすく、かといって、明るく白くしすぎてはディテールは残りません。そして、ウエディングの白は、幸せ感を重視するなら冷たい白であってはなりません。では、どうすれば良いか。色のない環境で、自然光が回るように柔らかい光で撮影をします。そうすれば、お嫁さんの肌も美しく撮れて一石二鳥です。カメラのオートストロボは控えて、窓際やガーデンなど自然光を生かして撮ってみてください。ストロボ使用のスタジオ撮影では紗幕越しのストロボにして柔らかい光を演出します。

今回の撮影は繊細な花職人で著名な中村睦子さんとコラボした「Couture Garden」。軽やかな洋装と重厚な和装が調和された新和装ウエデイング。3年の歳月をかけた最高級の衣装です。ドレスように着用できるイメージを伝えようとビジュアルプランを考え、教会でも撮影。

スタッフ一丸となり、1ミリ単位の丁寧な着付けで細心の注意を払います。どの衣装も着つけた後には歓声が上がる美しさ。データは重いRAWとJPEG。11着×2カットの衣装を外とスタジオで2日間フルに撮影。カードはエクストリーム プロ コンパクトフラッシュの32GBを4枚。4カットずつでカードを回します。読み出し速度が速く頼りになるブラックラベル。

作り手の想いが込められている手仕事の贅沢な感触を伝えるのも全て写真ひとつです。一生に一度の晴れの日の衣装をカタログを手にして選んで頂けたら最高に幸せ。ウエディングの撮影は、花嫁さんの眩しい未来を後押し出来るかけがいのないお仕事です。

今までもこれからも、わたしのキオクはサンディスク

#TAKAMIBRIDAL #CoutureGarden

東京都出身。パリを拠点にパリコレや各国のモード誌を飾るなどモデルとして国際的に活躍。帰国後、写真家に転身。文章を織り交ぜた物語のある独自の写真世界で注目される。タレントや文化人からも支持されコラボ作品多数。広告、雑誌連載、文筆や講演など幅広く活躍中。

写真集『Dream Linking☆つなぐ夢、千年忘れない』(朝日新聞出版)は全国とパリで写真展開催。

安珠WEB写真展「KINEMA」Fashion Cantata from KYOTO開催中。http://www.fashion-cantata.jp/photo/
Facebook=facebook.com/anjuphoto
Instagram=anjuphotographer
HP=http://www.anjujp.com
twitter=安珠写真家

トップページへ戻る