SanDisk

メニュー

プロが語る 私がサンディスクを選ぶ理由 藤村大介さん

  • Facebook
  • ツイート
  • Facebook
  • ツイート
記録メディア : サンディスク エクストリーム プロ SDXC UHS̶Ⅰカード/撮影地 : 横浜

記録メディア : サンディスク エクストリーム プロ SDXC UHS̶Ⅰカード/撮影地 : 横浜

コンパクトで衝撃や振動、気温の変化にも強いのがうれしいですね

カード選びで重視するのは信頼性です。夜景は環境の整備されたポイントで撮っているイメージがあるかもしれませんが、実は過酷な状況下での撮影も少なくありません。安心して撮影するにはトラブルがないサンディスクのカードが一番です。また、最近のカメラは高画素化していることもあって、大容量のカードの出番が増えています。私は 64 GBをメインに取材内容によって使い分けています。

海外へ撮影に行くことも多いので、バックアップにはとても気を遣います。これまではバックアップ用のハードディスクを慎重に持ち運んでいましたが、サンディスクの高速ストレージ・ポータブルSSDを使うようになってそのストレスから解放されました。コンパクトで衝撃や振動、気温の変化にも強いのがうれしいですね。しかも、驚くほど画像転送スピードが速い。撮影に欠かせない、大切なアイテムです。

藤村 大介(ふじむら・だいすけ)

1970年香川県生まれ。世界の夜景・世界遺産・風景・建築・文化・民族・街並み・ポートレートなどをテーマに撮影。アマチュア指導にも定評があり、ウィステリア・フォトクラブを主宰するほか、各種フォトスクールで講師を務める。

「フォトコン8月号」より転載

トップページへ戻る