SanDisk

メニュー

大容量なら決定的チャンスを逃がさない!

  • Facebook
  • ツイート
  • Facebook
  • ツイート

※撮影可能枚数はあくまでも目安です。撮影時の解像度・圧縮率などによって異なります。
※JPEG 100%:RAW画像との圧縮率を1:10とした場合

※あくまでも目安です。録画時間は、ファイルサイズ、解像度、圧縮率、ビットレート、撮影内容、ホスト機器によって異なります。
※4K動画 3840×2160、25fps。フルHD動画 1920×1080、30fps。HD動画 1280×720、30fpsの場合。

余裕で楽しむなら、16GB以上が正解!

スマートフォンやタブレットに付属している1ギガや2ギガのmicroSDカード※は、あくまで電話帳など軽いデータ用に。画像、動画、音楽、ゲーム、アプリのダウンロードなどで、あっという間に一杯になってしまします。スマートフォンやタブレットを楽しむなら大容量:16GB以上がおすすめです。
※microSDカードの付属の有無および容量は、機種により異なります。

PCデータの「持ち歩き」にも大容量カード!

直接のダウンロードだけでなく、PCに保存している写真や映画などを自由に持ち歩けるのがスマートフォンやタブレットのいい所。メモリーカードが大容量なほど、楽しみが大きくなります。

  • ※表記数値はおおよその目安となります。
  • ※1:003SHで検証。HD動画の記録時間は端末によって差異が生じます。
  • ※2:約3MB/分の場合。
  • ※3:1000万画素の場合。撮影枚数はおおよその目安です。
    (※JPEG保存サイズ4.5MBでみた場合)撮影環境や被写体などの条件、他のデータが保存されている場合は撮影できる枚数は少なくなります。
  • ※4:MP3ファイルにて1曲8MBとした場合。上記の数値は目安となります。
    記録する曲数や曲ごとの時間により変わる場合があります。

トップページへ戻る