SanDisk

メニュー

プロが語る 私がサンディスクを選ぶ理由 山形豪さん

  • Facebook
  • ツイート
  • Facebook
  • ツイート
記録メディア:サンディスクエクストリームプロSDUHS-Ⅱカード/ボツワナ,マシャトゥ動物保護区

記録メディア:サンディスクエクストリームプロSDUHS-Ⅱカード/ボツワナ,マシャトゥ動物保護区

『大切なのは、信頼性・容量・スピードです』

アフリカのサファリなど、過酷な状況下の撮影では、耐久性、信頼性は欠かせません。時間を掛けて撮影した写真データがカードのトラブルによって消失してしまえば取り返しのつかないことになってしまいます。

容量は 64GB ~ 128GB の大容量カードを使用しています。撮影機材の画素数がアップしたこと、リスクを少しでも軽減するために撮影中のカード交換は避けたい、というのが理由です。書き込みスピードも重視します。動物の撮影では連写を使うことが多くなりますが、書き込みスピードが遅いと、一瞬のチャンスを逃してしまうことになりかねません。

サンディスク エクストリーム プロ SD UHS-IIカード

最近は、バックアップ用にサンディスク エクストリーム 500ポータブルSSDを持ち歩いています。外付けHDDに比べて転送スピードが速く、衝撃にも強いコンパクトなポータブルSSDは今や撮影に必要不可欠なアイテムです。


山形 豪(やまがた・ごう)

1974年、群馬県生まれ。少年時代をブルキナファソ、トーゴで過ごし、大自然の美しさに魅了される。現在、南部アフリカを主なフィールドに野生動物や風景を撮影。サファリツアーのガイドとしても活動している。

山形豪 オフィシャルサイト
http://www.goyamagata.com/

「フォトコン 2018年1月号」より転載

トップページへ戻る