iXpand™ Slim フラッシュドライブについてのお問い合わせ

よくあるお問い合わせ

Q: 「iXpand Slim フラッシュドライブ(128GB)」を使ってiPhone 8/8 Plusの写真やビデオをコピーやバックアップしようとすると、アプリが途中で終了してしまいます。
A: 「iXpand Slimフラッシュドライブ128GB」をiPhone 8/8 Plusでご使用された場合、データの復元機能(読出し)は問題なくお使いいただけますが、以下のようなデータの書込み時にアプリが途中で終了する場合があることを確認しました。

  1. 「バックアップと復元」の「カメラロールのバックアップと復元」のバックアップ機能
  2. 「ファイルのコピー」の「iPhoneから写真やビデオをコピー」の写真をコピーする機能
  3. iXpand Driveアプリ内カメラを使って写真を撮る機能

本症状は、アプリの再起動や再インストールでは改善が見込めないため、代替品を準備致します。
「iXpand Slim フラッシュドライブ 128GB」とiPhone8/8 Plusの組み合わせでデータの書込み時にアプリが終了する症状がでる場合は、こちらのサンディスク・カスタマーセンターの入力フォームから連絡先を入力いただくか、サンディスク・カスタマーセンターへお電話(0120-89-3009)かEメール(retail_support@sandisk.com)でお問い合わせください。代替品が準備でき次第、サンディスク・カスタマーセンターにて交換対応をさせていただきます。

※ iPhone 7以前の端末では問題なく全機能をお使いいただけます。
※ iXpand Slim フラッシュドライブ 64GBと32GBでは、iPhone8/8 Plusでご使用されても上記の症状は発生しないことを確認しております。

Q: iPhone7/7 Plus/8/8 PlusでiXpand Slimフラッシュドライブが認識されません。
A: iPhoneのソフトウェアを最新のiOSへアップデートしてください。iOS11.0の環境下では、iXpand Slimフラッシュドライブを含むLightningコネクタで接続するストレージ機器の認識に時間がかかることがありますが、iOS11.1以降では接続に問題がないことを確認しております。

Q: iPhone 7またはiPhone 7 Plusを最新のiOSにアップデートしたところ、iPhoneのカメラで撮影した写真がiXpand Slimフラッシュ専用アプリ「iXpand Drive」で表示できなくなりました。
A: 「iXpand Drive」アプリを最新版(Ver.4.4.3以降)にすることで表示できます。「App Store」→「アップデート」からアプデートを行ってください。最新のiOS(iOS11以降)では、撮影する写真のファイルフォーマットがHEIFファイル形式に変更になりました。古いバ―ションの「iXpand Drive」アプリ はこのファイル形式に対応しておりませんので表示できません。最新のアプリに更新することをお勧めします。

Q: iPhone 7以降の機種で撮影した写真を、他のiPhoneに復元できません。
A: iOS11以降で採用された新しい写真ファイル形式(HEIF、拡張子.heic)で撮影された画像はiOS10以前のiPhoneでは復元できません。復元先のiPhoneを、「設定」→「ソフトウェア・アップデート」から最新版のiOSへ更新してから再試行してください。iOS10以前のiPhoneへデータを復元する場合は、iPhone(iOS11)のカメラ設定を「互換性優先」に設定することをお勧めします。(設定方法:iPhoneの設定>カメラ>フォーマットと進み、「互換性優先」を選択すると、パソコンでもそのまま表示可能なJPEGファイル形式で写真が保存できます。)

【iPhone写真撮影仕様】

【iXpandSlimの互換性】

Q: iPhone 7以降の機種で撮影した写真をパソコンに移しても表示できません。
A: Windowsを搭載したパソコンは、現在、iOS11からiPhoneのカメラで撮影する写真のデフォルトとして採用されたHEIFファイル形式に非対応です。Windowsパソコンで表示する場合は、iPhoneで写真を撮影される前に、カメラの設定で「互換性優先」に設定することをお勧めします。iPhoneの設定>カメラ>フォーマットと進み、「互換性優先」を選択すると、パソコンでもそのまま表示可能なJPEGファイル形式で写真が保存できます。また、一般的にオンラインで入手可能な変換ソフトを使って、HEIF画像ファイルをJEPGに変換いただくことにより、パソコンでご覧いただけます。

Q: iXpand Slim フラッシュドライブが認識されません。何が原因でしょうか?
A: 正しいアプリ「iXpand Drive」をインストールしているかご確認ください。他商品用のアプリ「iXpand Sync」では、iXpand Slim フラッシュドライブは動作しません。間違ったアプリをインストールしている場合は、App storeにて、「iXpand Drive」アプリを検索してダウンロードしてください。


以下のサポートサイトでその他のよくある質問がご覧いただけます。

サンディスク iXpand Slim
サポートサイトはこちら


サンディスク・カスタマーセンターへのお問い合わせ

iXpand Slimフラッシュドライブに関するお問い合わせは、以下のサンディスク・カスタマーセンターまでお願いします。
お問い合わせ時に「au+1 collection」のiXpand Slimフラッシュドライブに関するお問い合わせであることをお伝えください。
接続先の機器については、各メーカーまでお問い合わせください。

サンディスク・カスタマーセンター

電話 0120-89-3009
(フリーダイヤル)
電子メール retail_support@sandisk.com
受付時間 月~金曜日 10:00~18:00(土・日・祝日は営業いたしておりません)
年末年始は12月31日から1月3日まで休業
電子メールは土・日・祝日を含む24時間受付

SanDisk、SanDiskロゴおよびiXpandは、米国およびその他の国におけるWestern Digital Corporationまたはその関連会社の商標です。Windows及びWindows Vistaは、マイクロソフトコーポレーションの商標です。Apple、Appleロゴ、iPhone、iPad、iPad Air、iPad mini、iPad Pro、MacBook Pro、MacBook Air、Lightningは、米国およびその他の国におけるApple Inc.の登録商標です。App StoreはApple Inc.のサービスマークです。iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。その他の商標も特定の目的のためのみに使用されるものであり、各権利者によって商標登録されている可能性があります。