SanDisk

メニュー

サンディスク スポーツフォトコンテスト

  • Facebook
  • ツイート
  • Facebook
  • ツイート

今回は、「スポーツ」をテーマにフォトコンテストを実施いたします。

優秀作品には豪華サンディスク製品をプレゼント。
スポーツ・運動に関わる物ならばどんな作品でもOK!
とっておきの一枚をぜひご応募ください!

 

 【賞および賞品】

【最優秀賞】:すべての応募作品から特に優れた作品 1点

【一般部門 優秀賞】:一般部門の応募作品のなかで優れた作品 3点

【参加賞】:すべての応募作品のなかから抽選で10名様

  • サンディスク ロゴ入り 折りたたみチェア
  • QUOカード500円
 【応募テーマ・審査】
  • テーマ
    「スポーツ」
    スポーツシーンだけではなく、スポーツ・運動などに関わるものであればご応募いただけます。
    ※プロスポーツを題材にしたものは対象外です。
  • 詳しい応募条件は、「公式ルール」をご覧ください。
  • 審査基準
    テーマ:コンテストのテーマに合っているか
    表現:視点、構図、バランスに優れているか
    独自性:場所、被写体などにオリジナリティがあるか
    ※現像ソフトやカメラの機能などを使用した過度な補正、加工はご遠慮ください。
  • 応募期間
    9/1(水) 10:00 ~9/30(木) 23:59まで
  • 審査員
    アフロスポーツ所属カメラマン 長田 洋平氏 西村 尚己氏
    Aflo

    アフロスポーツについて
    1997年、現代表フォトグラファーである青木紘二のもと「クリエイティブなフォトグラファーチーム」をコンセプトに結成。翌1998年長野オリンピックでは、大会組織員会のオフィシャルフォトチームを務める。以降、JOC公式記録の撮影を担当し、オリンピックなど総合大会や公式行事の撮影をはじめ、オフィシャルスポンサーのプロモーションビジュアル用の撮影なども手掛けている。また、競技を問わず国内外のスポーツイベントの撮影を行い、放送局や出版社・WEBなど多くの報道媒体にクオリティの高いスポーツ写真を提供している。

    長田 洋平氏
    1986年東京都出身。
    2009年早稲田大学教育学部卒業後、アフロに入社。
    スタジオアシスタントを経て、2012年よりアフロスポーツ所属。夏冬オリンピック・パラリンピックとサッカーW杯を経験。車椅子バスケを題材としたスポーツドキュメンタリーにも力を入れている。
    ■西村 尚己氏
    1969年、兵庫県生まれ。
    大阪大学大学院工学研究科修了。
    人間味あふれるアスリートの姿に魅せられ、学生時代にスポーツ写真の世界と出会う。
    大学卒業後は国土交通省に勤務しながらアマチュアカメラマンとして活動するも、どうしてもプロの世界で挑戦したいという想いが募り、2016年にアフロスポーツに転職。 現在は国内外のスポーツを精力的に撮影し、人間の情熱や鼓動、匂いなど五感で感じ取れる作品作りに励む。
【応募方法】

Twitterの場合

  • STEP1 サンディスク公式 Twitterをフォロー
  • STEP2 Twitterのキャンペーン投稿をRT
  • STEP3 「作品タイトル」と「カメラ、スマホ名」、ハッシュタグ「#サンディスクスポーツフォトコン」とともに写真を投稿

Facebookの場合

  • STEP1 キャンペーン投稿に「いいね」
  • STEP2 投稿のコメント欄に「作品タイトル」と「カメラ、スマホ名」とともに写真を投稿
 【エントリー条件】
  • 異なる作品であれば、お一人様何回でもエントリー可能です。
  • 投稿された画像は、SanDiskの公式Facebook、Twitter、WEBサイトその他広告などでご紹介させていただく場合があります。写真の投稿をもって、この点に同意いただいたものとみなします。
  • 投稿された画像に人物が含まれる場合は、投稿者各自にて許可を取得する必要があります。
  • 他人が権利を有する著作物が写っている場合は、権利者に事前に承諾を取得する必要があります。
    万一、第三者からの苦情、申し立て等を受けた場合は、 応募者自身で対応するものとし、スポンサーおよび審査員は一切の責任を負わないものとします。
  • 投稿された内容が下記に該当すると当社が判断した場合、審査の対象外とします。
    ・プロスポーツを題材にしたもの
    ・コンテストの趣旨にそぐわないもの
    ・公序良俗に反するもの
    ・第三者の著作権・財産・プライバシーを侵害する可能性があるもの
    ・撮影に際し、法律・条例や撮影場所のルールが遵守されていないと思われるもの
    ・Twitter、Facebookの利用規約に反するもの
    ・そのほかスポンサーが不適切と判断したもの
  • 詳しい応募条件は、「公式ルール」をご覧ください。

トップページへ戻る